多重債務になったら

消費者金融を利用している中で一番恐ろしいのがこの「多重債務」です。多重債務とは、消費者金融から借り入れたお金の返済をまた別の消費者金融からの借り入れで返済するような不健全な状態のことをいいます。借り入れを借入で返すようなことになったら、最初のうちはまだ何とかなっているように見えますが、毎月の返済額が増え、やがてお金を貸してくれる消費者金融もなくなり返済は不可能となってしまうのです。多重債務はそのばしのぎを行ってしまったばっかりにもっと悪い状態になってしまうという最悪のパターンです。
もし多重債務状態になってしまったり、月々の返済が難しくなってしまった場合には、以下のような手段をとるようにしましょう。

・任意整理
任意整理というのは、消費者金融との「話し合い」です。この話し合いによって現在の融資状態を見直し、返済額や利息の減額、返済方法の変更などをおこなって返済が可能な状態にもっていくことをいいます。裁判所などを通さずに消費者金融と利用者個人間で行い、弁護士や司法書士に手続きの代行を頼むことも多いようです。

・民事再生
民事再生は裁判所を通じて行われます。この手続きを行うと借入総額を減額することができます。残った借り入れについては3年程度での返済を行うことになります。

・調停
特定調停とも呼ばれます。この調停では裁判所が消費者金融との間に入っての話し合いとなります。話し合いの結果調停証書という公的な文書に内容が記載され、この超低証書をもとに返済を行います。

・自己破産
上記の方法のどれもができない、あまり意味がないときには自己破産を行わなければなりません。自己破産は裁判所に申し立てる手続きです。自己破産時に所有している自己の財産(住宅など)を全て手放し、その売価で返済を行います。返しきれなかった残金に関しては返済は不要となります。

どの手段をとったとしても、その後数年間は新たな借り入れができなくなります。