消費者金融の総量規制とは

平成22年の6月に、準備期間を経てかねてより成立していた貸金業法によって「総量規制」が行われるようになりました。
総量規制とは、借り入れの総額をその人の年収の3分の1以下になるように規制するというものです。
総量規制が行われることによって、借入金の総額が返済不可能にならないような金額に制限されることになります。
この総量規制が始まったことによって、専業主婦であったり収入が不安定だったりする人たちの借入が行いにくくなったという問題がおこりました。それまで消費者金融を日常的に使っていた人にとっては非常に困ったことになってしまったのです。
しかし、専業主婦の場合はその家庭の主たる収入のある人の収入によって借入金額を決めることができるなどといったことも行われています。
このように、一部の人にとっては問題があった総量規制ですが、やはり制限なしに借りることができる状態というのはきちんとした返済が難しくなってしまいますので、身の丈にあった消費者金融の利用、といった点では総量規制は行われるべきであるのではないでしょうか。
総量規制が行われる前は、借入金額が収入に対して大きくなりすぎてしまって、返済ができなくなってしまうといった事例が数多く見られたのです。返済ができなくなってしまうと自己破産をしなければならなくなり、生活に大きな支障がでてしまっていました。もちろん消費者金融側も貸したお金の回収ができなくなるわけですから、非常に大きな痛手を被ることになっていました。

この総量規制があると大きな買い物、例えば自動車や住宅のローンを組むこともできなくなるんじゃないの?と心配される方もいるかもしれません。
住宅や自動車は価格が高いため、収入の3分の1よりも高いローンを組まなければならなくなることが多いでしょう。
しかし、住宅や自動車などの現物資産をともなうローンに関して言えば、総量規制の対象外であるとされているのです。