かしこい利用方法

消費者金融を利用するときには、いくつか気をつけなければならない点があります。利用方法を間違えてしまったら返済が不可能になってしまい、いずれは自己破産をしなければならないことになってしまいます。
自己破産となってしまったら、家などの財産を手放さなければならなくなり、新たな借り入れやローンが数年間できなくなります。
このようなことを避けるために、消費者金融を利用するにあたっては何に気をつけたらよいのでしょうか。

・返済計画
消費者金融を利用するときに一番大切なのが、「返済計画をきっちりとたてる」ということです。
無理のない範囲で借り入れを行うことで、確実に毎月の返済を行うことができるからです。
毎月の収入と支出を把握し、その中からどれくらいの金額であったら返せるか、といった点から借り入れができる金額を逆算しましょう。
借りられる金額=((月々の収入)-(月々の支出))×80%
というのが無理なく返済できる上限であると言われています。
「借りれるから」といって限度額いっぱいにかりてしまっては、確実に返済ができなくなってしまいます。
返済期間はたいてい60ヶ月までとなっています。算出した月々の支払い可能額を元にどれくらい借り入れが可能であるかをよく考えておきましょう。

・繰り上げ返済
月々の支払いに余裕が出た場合には、ぜひ繰り上げ返済をしましょう。繰り上げ返済をすることによって借金の元金を減らすことができ、その分かかってくる利子が少なくなります。返済期間や月々の支払額を減額することができるので、長期的な観点からすると繰り上げ返済を行うことはとってもお得なのです。こまめに繰り上げ返済を行うことが消費者金融の賢い利用方法の一つであるといえます。

消費者金融は無理なく利用すればとっても便利なサービスです。
しかし、消費者金融を利用していわゆる「多重債務」状態になり、返済が厳しくなってきたならどうすれば良いのでしょうか。次は多重債務状態になった時の対処方法を解説します。