消費者金融の過払い金の返還

「過払い金」という言葉を聞いたことがありますか?
インターネットの広告やテレビのCMなどでかなり一般にも浸透してきた言葉ではないでしょうか。
過払い金とは、2010年以前の消費者金融での貸付金利に存在していた「グレーゾーン金利」で返済を行ったために過剰に支払ってしまった利子のことをいいます。現在法律で定められた金利上限は15%~20%ですが、グレーゾーン金利はそれを超える20%~29.2%もの高利子だったのです。
このグレーゾーン金利で払いすぎてしまった利息に関しては、取引が終了してから10年までさかのぼって返還請求をすることができます。
2010年以前に消費者金融を利用していた人は一度自分が過払い請求の対象になっているかを確認してみたほうが良いでしょう。もしかするとお金が返ってくるかもしれません。

過払い金の返還請求の手順は消費者金融に取引履歴の請求を行うことから押します。この取引履歴をもとに、自分にはどれだけ過払い金があるかを計算します。過払い金の大体の算出はインターネットの過払い金計算サイトで行うこともできます。正確な値は自分の条件を細かく調べて求めなければなりません。
算出した過払い金の金額をもとに、裁判所で過払い返金請求を行います。公的な機関での請求なので、書類などの不備にも気をつけなければなりません。
裁判所での消費者金融とのやりとりによって最終的に和解契約が結ばれます。双方が合意したこの若い契約に基づいて、消費者金融が過払い金の返済を行います。
これらの一連の手続きは非常に煩雑で慣れていない人が一人で行おうとするとかなりの時間と労力がかかります。過払い金について詳しい弁護士、司法書士などを雇うのもひとつの手です。

返還請求が集中しすぎて倒産してしまった消費者金融もあります。倒産した消費者金融には過払い金の返還請求はできません。消費者金融が倒産しないうちに早めに過払い金の請求を行ったほうがいいかもしれません。